• 歯ってしってた?
  • むし歯って知ってた?
  • 赤ちゃんをむし歯から守るには?
  • 子どものむし歯
  • おとなの虫歯
  • 歯周病って知ってた?
  • こういうのは口腔外科です
  • 予防って知ってた?

診療内容

かたりな歯科-モバイルサイト

患者の気持ち-かたりな歯科

予防歯科

予防歯科とは

虫歯や歯周病などで歯が痛くなってから、歯がグラグラになってから、やっと重い腰を上げて歯医者に行くという
方も多いのではないでしょうか?

また歯医者は歯が痛くなってから行くところと思って
いませんか?

そのような考えですと、例えば虫歯で歯が痛い場合、
虫歯の部分を削って詰め物をして、また虫歯になって
削って詰め物をしてなどを繰り返すことになります。

そして最終的に歯がなくなってしまうのです。

これからの歯科治療は悪くなってから治療するのではなく、いかに健康な状態を維持するかが重要になります。

だって、風邪などは治りますが、虫歯は治りませんから。

このように歯の健康な状態を保ち、悪くならないようにすることが「予防歯科」なのです。


健康な歯を保つには

歯を健康な状態を保つには、定期的に歯科検診が大切です。
日頃よりお手入れをしていると日頃よりお手入れが出来ているとは根本的に違いがあります。
お口の中は直接見ることができません。
そこでお手入れをしていても、実は知らず知らずのうちに病気が進行してしまい、痛く
なってから初めて気付くことが多いものです。

そうならないように、痛くならないうちに歯の異常に気付く、あるいは異常にさせないことが重要です。

虫歯や歯周病治療後も健康な口腔内を保つために、定期的に歯科検診を受けたり、歯科医師や歯科衛生士にブラッシング指導や歯石除去をしてもらうことをお勧めします。

定期歯科検診をご利用ください。

定期歯科検診には、3ヶ月〜6ヶ月に1回は行くようにしましょう。

虫歯や歯周病の治療が終了し、その後もご自身によるブラッシングだけで健康な歯を維持
していく事は難しいといえます。
磨き残した箇所には歯垢が徐々にたまってしまい、その場所から歯周病や虫歯が発生して
しまいます。

定期歯科検診では、ご自身の普段のケアでは行き届かない歯垢の除去を歯科医師や
歯科衛生士が行います。

実は虫歯や歯周病の予防歯科診療は心地いいものですので、どうぞ歯医者を怖がらずお越しください。
そういう意味で予防歯科は未来につながる無痛治療ともいえると思います。

予防歯科治療法について

PMTC

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaning
の略で、歯科医師や歯科衛生士による専用器具を用いた
歯のクリーニングのことです。
PMTCで歯垢を徹底して除去し、口腔内の衛生状態の回復を行います。


ブラッシングアドバイス

虫歯や歯周病を予防するには、正しいブラッシングを身に付けて歯垢をできるだけ少ない
状態を保つことが大切です。
かたりな歯科では歯1本1本の生え方や噛み合わせ、年齢などを考慮し、患者様一人ひとりに合ったブラッシングアドバイスを行っております。

フッ素塗布

フッ素には虫歯菌が出す酸に対して強い歯質をつくる働きがあります。
特に乳歯や生え替わったばかりの永久歯に効果的です。
また、フッ素には歯の再石灰化を促す働きもあるので、フッ素塗布により初期虫歯の治癒も期待できます。

生活習慣のアドバイス

前述のように虫歯や歯周病の予防にはブラッシングや定期歯科検診も効果的ですが、
バランスのよい食生活や規則正しい生活もお口の健康につながります。
かたりな歯科では患者様のライフスタイルに合わせた、予防に役立つ生活習慣のアドバイスも行っています。